杉山弥紀佳のwikiプロフィール!嫌いの声や学歴大学を調査!

 
杉山弥紀佳 みきか wiki プロフィール 学歴 大学 嫌い
この記事を書いている人 - WRITER -

われち語という独特の言葉遣いをするタレントの杉山弥紀佳さんが最近テレビに出始めていますね。


急にテレビに現れた気がして調べてみると、実は2019年に事務所所属し、芸能活動をスタートさせた現役女子大学生でした!


  • どこの大学通ってるの?
  • われち語って何?
  • 世間はどんな反応?
  • そもそも誰?

    とちょっと気になることがいくつか出てきたので調べてみましたよ。

今回は杉山弥紀佳さんのWikipedia風プロフィールと題しまして、世間の声や学歴・大学などを紹介していきます。

スポンサーリンク

杉山弥紀佳のwikipedia風プロフィール


杉山弥紀佳(すぎやま みきか)さんは現役女子大学生であり、タレントさんです。


出身は栃木県で、生年月日は1997年4月29日で現在(2020年2月時点)の年齢は22歳です。


身長は160cmで血液型はA型でした。


特技は新体操フランス語と意外な特技の持ち主でした。


というのも、新体操は約10年間習っていたといい、2018年には1年間パリ留学していたため、フランス語も話せるみたいですよ!


突如芸能界入りしてきた印象の杉山弥紀佳さんですが、どのようにして芸能のお仕事をスタートさせたのでしょうか?


それは街頭インタビューがきっかけだったんです!


そんなことって本当にあるんだ!とびっくりですよね。


2019年6月に放送された所ジョージさんMCの『1億人の大質問?!笑ってコラえて!』の待ち合わせ中の街頭インタビューに出演したことがきっかけで、現在の事務所(アーティストハウス ピラミッド)に所属することが決まりました。


杉山弥紀佳さんは独特な話し方でかなりクセがあります。


自分のことは「われち」と呼び、「大&切」など単語の間になぜか&を入れて話します。


そんな異質な感じが事務所の目に止まったのかもしれませんね!


以前番組出演した際も話を振られると「われちは〜」と話し始めたので、この謎っぷりにはMCをしていたDAIGOさんですら困惑していました。


ちょっと理解し難い話し方ですが、今時の若い子には普通に受け入れられているのか?これからの芸能界をこのキャラで乗り切れるのか?楽しみなところではありますよね!


スポンサーリンク

杉山弥紀佳の学歴・大学は?


杉山弥紀佳さんは現在も大学に通う現役の女子大生です。


通っている大学・学部は実践大学文学部美学美術史学科というところです。


偏差値は47.5とそんなに高いわけではなかったです。


やはり「われち」「大&切」などなどその他語尾や言葉の端々に出てくるわれち語に軽くジェネレーションギャップを感じてしまいます。


一方で美学美術史学科へ入るくらいですから趣味は意外?にも美術館巡りだそうでパリへ1年間留学していた時はよくルーヴル美術館に行っていたようですよ。


感性とやらがすごいんですかね?私は美術館に行くと眠くなってしまうタイプです。


1年留学していたこともあって、現在は3年生をしていますね。


高校までの学歴は確かめることができなかったのですが、地元栃木の学校に通っていて、大学で上京の可能性が高いですね。

スポンサーリンク

杉山弥紀佳に対する世間の声・嫌いやうるさいの声も?


突如現れた新人・杉山弥紀佳さんに対する世間の声を見てみました。


われち語が結構好き嫌い別れてしまう感じがしますね。

https://twitter.com/s_rio_itaita/status/1219213073669447682


杉山弥紀佳さんは結構声が高めなので、ちょっと高めの声に聞きなれない言葉を並べられると、イラっとしてしまう人が多いみたいですね。


若い世代には当たり前のような言葉だったとしても(いや、われち語は特殊?)万人に受けるような言葉遣いとは言い難いですね〜。


新しい言葉は最初こそ聞き馴染みがなくても、そこから受け入れられて流行るものもあれば、そうでないものもあるので、われち語が今後どのようになっていくのかが見所ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は杉山弥紀佳さんのwikipedia風プロフィールを紹介しました。


杉山さんは実践大学に通う現役の女子大生で、笑ってコラえての街頭インタビュー出演をきっかけに芸能界入りをしました。


自分のことを「われち」と呼んだり、&を使って「共&演」などわけのわからないわれち語を使って話すタレントさんです。


意味のわからない話し方に世間の声も賛否ですが、まだまだ芸歴1年目なので、これからどうなるのか楽しみですね!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© TODAY'S NEWS! , 2020 All Rights Reserved.